言語化が苦手な人の2つのパターンとは!?

コーチ、コンサル、セラピストのための「やわらか集客」

強くセールスできないコーチのためのやわらかセールス100万講座 こちらをクリックして7点動画を無料で受け取る


 

今日は、あなたの想いや考えを
言語化する具体的な方法を
お伝えします(^^)

 

コーチ、コンサル
セラピストのための

「やわらかセールス」サポーター

松尾可奈です(^^)

今日はどんな一日になりそうですか^^?

私はお知り合いの方の
オフィスで作業をしています^^

 

コーチ、コンサル、
セラピストの方や

その他の多くの個人事業主の
方々は、

自分の思いや考えを
うまく言語化ができないと
困っている方も
多いな〜と思います。

昨日のお便りでもお伝えしましたが、
私もそのうちの1人でした。
(><)

 

なので、以前の私を思い出すと

「気持ちが
うまく言葉にならない」

とか

「相手にわかりやすく
伝えられる人っていいな〜」

と思っていました^^

 

なので、そう思う方のお気持ちが
よくわかるような気がします。

あなたは、どうでしょうか^^?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自分の思いや考え、感情を
言語化する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ことが得意になると
どんな良いことが
起こると思いますか^^?

 

自分の思考や感情が
整理しやすいので
課題解決が早くなります^^

 

そして、
クライアントさんへ 
言語化する支援が
楽になり、早くなります^^

 

あなたの生産性も更に上がりますし、
関わる相手にとっても
良いことばかりですよね^^

 

自分の気持ちや感情が
うまく言語化できない人の

特徴には、2つのパターンがあります。

 

あなたが、
どちらに当てはまる人なのか

まずは、チェックしてみてくださいね^^

 

1つ目のパターンの人は

〜〜〜〜〜〜

思考や感情がうまく
整理されていない人

〜〜〜〜〜〜

です。

 

2つ目のパターンの人は

〜〜〜〜〜〜

感じている感覚的なものを
うまく言語化できない人

〜〜〜〜〜〜

です。

 

この2つのパターン
両方に当てはまる人も
います。

 

あなたはどうですか^^?

 

1つ目のパターン
〜〜〜〜〜〜

思考や感情がうまく
整理されていない人

〜〜〜〜〜〜

については、

論理思考を高めることが
とっても重要です^^!!

 

ここを具体的に
お伝えすると長くなるので

ここは別の機会に
改めて
お伝えしていきますね^^

 

論理思考を鍛える本は

「論理思考 本」

でインターネットで
調べるとたくさん出てきますので
参考にしてみてください^^

難しそうなものではなく
簡単に学べるものが
オススメです^^

 

私が開催している

やわらかセールスコーチ養成講座では

自分と相手の悩みが
一気に解決する

「簡単に論理思考ができるコツ」
を お伝えしております^^

 

2つ目のパターンの人
〜〜〜〜〜〜

感じている感覚的なものを
うまく言語化できない人

〜〜〜〜〜〜
については、

その場や時間軸の流れの中で
自分が感じるものの正体を
認知できない人が多い
です。

 

そのため、

まずは、感じているもの
つまり
感覚をより認知できることが重要です^^

 

例えば、

こんなことを
やってみると自分の感覚により理解が
進み言語化しやすくなります。

頭の中でイメージしながら
この先を読み進めてくださいね^^

 

↓ ↓ ↓

 

もし、あなたに

胸のあたりが
キュンと苦しくなる

という感覚があるとします。

 

でも、あなたは

「胸のあたりが
キュンと苦しくなる」理由が
明確にわからず

感覚が言語化できず
困っているとしましょう。

 

こういった場合は、まずは

その感覚のある胸に
手を当ててみます。

 

そして、

言語化できない感覚である
「キュンと苦しい」いう
感覚に、
自分で名前を
つけてみましょう^^

 

ここでは、
「キュンちゃん」という
名前を仮に、つけてみますね^^

 

そして、その後に
こんなことをやってみます^^

 

↓↓↓

 

そのキュンちゃんが
お話できるとしたら、
(口があるとしたら)

「何と言うのだろう?」

とか

「何と話すだろう?」

と心の中や頭の中で
自分に問いかけていきます^^

 

1つ留意点があります。

ここまでお伝えした
一連の流れは
一人で落ち着ける場所で
ゆっくりとやることで効果を発揮します。

 

感覚的な刺激に対して
鋭い人は、

この一連の流れを

違和感なくできると
思います^^

 

その一方で、

こういったことに
慣れない方は、

もしかしたら、
最初は、少しだけ違和感を
感じるかもしれません^^

 

今日お伝えした
2つのパターンに
対応する方法は

どちらもできるように
なっておくとオススメです^^

 

なぜなら、

自分の課題や問題を解決する
ことができ、

かつ

クライアントさんの
理解が進み
相手に喜ばれるセッションを
することができます^^

 

もし、
今日お伝えした
内容がわかりづらいところが
あれば、ぜひ、
こちらのお便りから
返信をくださいね^^

 

今後の参考にさせていただいたり

あるいは

今日ご説明した内容を
改めて、
できるだけわかりやすく
伝えることができたらと
思っています^^

 

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました^^

 

私は、
いつも、あなたの味方です^^
陰ながら応援しています^^

 

【動画】
本当のところ教えて!
誰にコーチング、コンサルを
お願いすればいい?