マネージャー&スピリット脳科学&心理学を使ったやわらかセールス
コーチ 松尾可奈

コーチングの3つの学び方

コーチング技術

7人中5人のセールスできないコーチが月3件以上のご契約獲得!やわらかセールス無料オンライン講座


 

コーチングの3つの学び方

今日は、コーチングの3つの学び方をお伝えし、それぞれの『メリット』、『デメリット』、そして、どんな方に、その学び方をオススメしたいのか『オススメな人』の3つの視点でお答えしていきます。

 

 

まず、はじめに、コーチングの学び方には3つあります。

コーチングを本で学ぶ

コーチングをスクールで学ぶ

コーチングを成功している人から学ぶ

です。

上記の3つ目の学び方である『成功者に学ぶ』の成功者の定義をお伝えしておきます。

この文章でお伝えする成功者とは、コーチングで起業し、コーチングで生計を立て、成功している人を指しています。

 

 

コーチングの3つの学び方の注意点

コーチングの学び方には、2つの注意点があります。

 

セミナー、スクールジプシーになりやすい

1つ目の注意点は、特に、スクールやセミナー、成功者に学ぶ学び方をしている方に多いです。

コーチングを学ぶ時に、業界で多いのは、1か所で得られた学びを十分に活かせないまま、次の学びに時間とお金を投資している方がいます。

これは、本人にとって、色々な学びを得たいという目的が明確にあれば良いと思うのですが、そもそも、1箇所の学びの目的が十分に達成されないまま、多くの学び舎に時間とお金を費やす方がいます。業界では、そのことを、セミナージプシーの傾向があると言います。

 

 

 

コーチングを学ぶ前に目的を明確にする

2つ目の注意点は、特に、コーチングをお仕事にしたい方へ注意していただきたい内容になります。

コーチングをお仕事にしたい方は、人に提供するコーチング技術を学ぶことをされると思います。

ですが、人をコーチングするということは、そもそも、人に提供するコーチング技術と自分自身をコーチングする(セルフコーチング)技術を身につけることが重要です。

その両方を身につけておく必要がある理由は、自分自身をコーチングする(セルフコーチング)技術を身につけていないと、人にコーチングセッションをする時に、多くの盲点ができるからです。


コーチ自身が課題になっている部分に盲点ができることで、クライアント自身が課題になっている部分にも盲点を生み出しやすくなるからです。

相手をコーチングするには、相手の認知よりもよりメタ思考ができることが求められます。

そのためには、『自分を客観視できる視座』、『相手を客観視できる視座』、そして、『自分と相手を取り巻く環境を客観視できる視座』の3つを俯瞰しながら、コーチングをしていく必要があります。

そうすると、コーチングをお仕事にしたいという目的がある方は、コーチングを学ぶ目的を、『ただ、学ぶ』のではなく、そして、『ただコーチングを人に提供できるようになる』のでもなく、

『セルフコーチングできるようになる』という高い目的を持って学ぶと効果的だと言えます。

 

 

コーチングを本から学ぶ

コーチングを本で学ぶことのメリットとデメリット、
オススメな人を以下にまとめました。

本から学ぶメリット

★安い金額で学べて投資額が最も少ない。

★何度も繰り返し手軽に学習が可能。

★自分のペースで隙間時間で学習しやすい。

 

本から学ぶデメリット

★各本から学習する目的意識が明確でないと学習効果が下がる。

★実践的でない。

 

オススメな人

★まずは、概要をしりたい人、向け。

★短期間で隙間時間で学びたい人向け。

 

 

コーチングをスクールで学ぶ

コーチングスクールで学ぶことの

メリット、デメリット、オススメな人を以下にまとめました。

 

スクールで学ぶメリット

★複数人で学べる環境であり学習効果が高い。

★参加者同士で事例を共有できる。

★相互練習しあい課題を共有できる仲間と環境が手に入る。

★コーチングスクール卒業生として修了資格を発行してもらえる。

★書籍では得られない体験型の学習効果が得られる。

★コーチングを体系的に学べる。

★講師だけでなく、サポートスタッフが充実している可能性がある。

 

スクールで学ぶデメリット

★1人で学びたい人向きではない。

★事例を共有したり練習し合うので、そこに抵抗がある人は不向き。

 

オススメな人

★体系的に本格的に学びたい人

★仲間と共に学習し体験型学習を大切にしている人。

★長期的に励まし、高め合える仲間が欲しい人

 

 

成功者にコーチングを学ぶ

成功者からコーチングを学ぶ時の

メリット、デメリット、オススメな人をお伝えしていきます。

ここでお伝えする成功者とはコーチングだけで生計を立っている人でしたね。

 

成功者に学ぶメリット

★個別サポートが充実している可能性がある

★個人のニーズに合わせて対応ができやすい。

★成功者の一番近くで実践的に学べる。

 

成功者に学ぶデメリット

★成功者との相性が分かれやすい

★伝えている内容に当たり外れがある

★成功者の姿勢、価値観、考え方をダイレクトに受け取るため、それにそぐわないと感じた場合は、学習効果が下がりやすい。

学習が困難だと判断した場合は、途中で解約などをせざるを得ないケースが多い。

 

オススメな人

★成功者と同じように成功していきたい、もしくは、それに近づきたいと考える人

★時代背景に合わせた成功できる実践的な内容を学びたい人。

★コーチングで生計を立てれるようになりたいと思っている人

 

コーチングの3つの学び方〜メリットとデメリットのまとめ〜

 

メリット

デメリット

  

安い金額で学べて投資額が最も少ない。

何度も繰り返し手軽に学習が可能。

自分のペースで隙間時間で学習しやすい。

各本から学習する目的意識が明確でないと学習効果が下がる。

実践的でない。

スクール

・複数人で学べる環境であり学習効果が高い。

・参加者同士で事例を共有できる。

・相互練習しあい課題を共有できる仲間と環境が手に入る。

・コーチングスクール卒業生として修了資格を発行してもらえる。

・書籍では得られない体験型の学習効果が得られる。

・コーチングを体系的に学べる。

・講師だけでなく、サポートスタッフが充実している可能性がある。

・1人で学びたい人向きではない。

・事例を共有したり練習し合うので、そこに抵抗がある人は不向き。

 

成功者

※コーチングで生計を立てている人

・成功者に直接1対1で対応してもらえる可能性あり

・個別サポートが充実している可能性がある

・個人のニーズに合わせて対応ができやすい。

・コーチングスキルだけでなく、コーチとして生計を立てていくまでの情報も学べる可能性がある。

・成功者の一番近くで実践的に学べる。

・成功者との相性が分かれやすい

・伝えている内容に当たり外れがある

・成功者の姿勢、価値観、考え方をダイレクトに受け取るため、それにそぐわないと感じた場合は、学習効果が下がりやすい

 

 

 


驚きの成約率になったやわらかセールス講座の秘密とは!?

  • 副業コーチで月223万達成したプロフィール術
  • コーチ1年目で年収1000万になる3つの分かれ道と優先順位
  • 初心者コーチの「肩書きの作り方3ステップ攻略法」
  • 月100万超えのコーチたちが“契約1ヶ月前”に準備していたもの
  • 集客の初心者にオススメ!やわらかSNS集客術
  • 体験セッションでやわらかく高額契約がいただける「4つの必勝項目」
  • 平均単価20万円以上になる「メニュー料金設定」3種

本講座のみでしか公開していないやわらかセールス養成動画を今だけ無料で公開!