起業でコーチングを選ぶときの5つチェックポイント

セルフコーチング技術

強くセールスできないコーチのためのやわらかセールス100万講座 こちらをクリックして7点動画を無料で受け取る


コーチ、コンサルセラピスト、
その他の個人事業主のための
「やわらかセールス」サポーター
松尾可奈です(^^)

「コーチとして起業したい」とは思うものの
どうしてよいか分からない。
コーチングのスキルはあるけど
本当にビジネスとして
起業できるのか不安。

いろいろな思いの方がいるかと思います。

ここでは
コーチングで起業をする際に、
チェックしておくと良い
5つのポイントについて解説します。

5つのポイントを知ることで
コーチングでの起業が
早く軌道に乗るようになりますので
しっかり読み込んでみてくださいね^^

チェック1|起業スタイルを確認する

コーチング起業に限りませんが
起業のスタイルは
1つではありません。

一番わかりやすい例で言えば
「独立起業」と「副業での起業」です。

独立起業は
収入の柱が、自分のビジネスになるため
「失敗=生活の基盤が崩れる」
ということになります。

そのため
既に、お客様を何人も抱えていて
コーチングビジネスに時間をかけることで
収入が増える見込みが立っている方は
独立起業することをオススメします。

副業での起業であれば
現状の生活基盤である仕事はそのままに
空き時間や休日を使って
起業することになります。

そのため
まだコーチングでの収入見込みが立たない方は
副業で始めることをオススメします。

他にもビジネスとは関係なく
ただ単純に「コーチングをやりたい」
というだけであれば
お友だちの相談に乗ることでも
コーチングに近いことができるはずです。

このように
起業のスタイルは様々です。

あなたに合う起業のスタイルを
見つけ出してみてください。

オススメは
経験も実績も積むことができて
かつ、生活基盤を揺るがさない
副業での起業から始める方法です。

あなたのコーチングで
多くの人を手助けするために
適切な起業スタイルを選んでくださいね^^

チェック2|収益までの計画を立てる

コーチングをビジネスにしていく上で
収益を得るまでの
計画や流れを確認しておくことは
とても重要です。

どれくらい売れれば良いのか?
どうやって人を集めるのか?
どこでお金をいただくのか?
など、多くのことを計画しておく必要があります。

コーチングでの起業に限らず
とても重要となるポイントですので
しっかり読み込んでくださいね^^

全体の流れを確認する

おおまかに全体の流れを確認しましょう。

全体の流れを確認した上で
パートごとに
何をすれば良いかを落とし込んでいきます。

全体像を確認しないまま
ビジネスを始めようとすると
目先のことばかり手を付けてしまい
なかなか前に進めなくなります。

まずは「全体像」を掴みましょう。
多くの場合は
以下のような流れになるはずです。

《収益までの全体の流れ》

集客をする
 ↓
セールスをする
 ↓
お客様が購入

これらの各行程において
何が必要で
どんなことをすれば良いのかを
確認していくことになります。

なにをどれくらい販売するのか?

集客を行うとしても
なにを販売するかが決まっていなければ
収益も売上もありません。

なにをいくらでどれくらい販売するのかを
しっかり決めておきましょう。

「コーチングを販売することは決まっています。」
と言う方もいるでしょうが、
その状態では
まず売れることはないでしょう。

なぜなら
もっと細かく掘り下げて考える必要があるからです。

《確認すべき項目》

・どんな悩みの人の問題を解決できるコーチングなのか?
・どんな内容のコーチングなのか?
・コーチングのバリエーションとそれぞれの価格は?
・いつまでにどれくらい販売するのか?

少なくともこれくらいは決めておくと良いでしょう。

さらにひとつ補足しておくと
価格に関しては
少なくとも1つは
高単価サービス(数十万円のもの)を
用意しておくと良いでしょう。

コーチングというサービスの特性上
売れたらそれで終わりではありません。
あなたの時間を使って
手助けを行っていくことになります。

低価格で販売していると
忙しいのに収入が低いという
かなり辛い状況におちいってしまうのです。

具体的にどのように計画するかについては
3-5でまとめてお伝えします。

先に、集客や販売について
確認しておきましょう。

どうやって集客するのか?

集客についても
検討しておく必要があります。

集客の方法としては
大きく分けて2つあります。

《集客の方法》

1:オフライン集客
2:オンライン集客

最終的には集客の経路を増やすためにも
両方行うことを目指すと良いでしょう。

しかし、
オンライン、オフラインともに
様々な手段があるため
その中でどれをメインで活用していくかは
先に決めておいた方が良いです。

全てを行うことは
労力、時間を考えた時に
かなり厳しいはずです。

以下にそれぞれの例を挙げますので
選択してみてください。

《オフライン集客》

・友人、知人をあたる
・交流会、セミナー等に参加
・チラシ
・DM
・FAX―DM
・クチコミ、紹介
・紙媒体等への広告
・看板、ポスター
・テレアポ
・営業
 
《オンライン集客》

・ブログ
・SNS(FB、ツイッター、インスタなど)
・ホームページ
・YouTube等の動画
・WEBへの広告(リスティング広告)
・LINE@

即効性が高いのはオフライン集客です。
しかし、ビジネスを継続的に行っていくためには
オンライン集客を無視できません。

あなたのコーチングを欲しがる人が
世の中にはたくさんいるはずです。

届けるためにも
オンライン集客も行っていきましょう。

選ぶコツとしては
ターゲット層が多く活用している
メディアを活用するようにしましょう。

例えば
20代~30代女性がメインターゲットであるならば
インスタグラムは欠かせませんし、
起業家やビジネスを行っている人を対象とするのであれば
Facebook、ブログをメインとすると良いでしょう。

どのように販売するのか?

どのように販売していくか
販売までの流れを
確認しておきましょう。

コンタクトを取ったあとに
どのような流れで
セールスまでつなげていくのかを
決めておきます。

コーチングの場合には
対面でセールスを行うことになるかと思います。
WEB等で販売を行っても
コーチングの良さは伝わりにくいからです。

コーチングをサービスとする方に
オススメの販売までの流れをお伝えしますね^^

《販売までの流れ》

体験セッションでコーチングを体験していただく
  ↓
個別セッションにて販売する

体験セッションに関しては
起業したての頃であれば
1人に対して体験していただくことになるでしょう。

複数人まとめて集客ができるようになれば
体験セッションは複数人一緒でも問題ありません。

体験セッション代として
代金を頂いても良いでしょう。
参加費を取る形であれば
少額ではあるものの、この時点で売上が上がります。

・体験セッションにおいてどんなことを体験してもらうのか
・個別セッションではどのようなことを行うのか

これらを決めておくと良いでしょう。

対面でのセールスとなると
お客様が限られてしまいます。

SkypeやZOOMなどのツールを活用すると
多くのお客様が対象になるのでオススメですよ^^

収益までの計画具体例

収益を上げるまでの流れを
具体的にしてみましょう。

あくまでも参考例としてお伝えするので
あなたの起業スタイルに合うように
アレンジしてくださいね^^

《販売サービス》

1:体験セッション費用 ¥3000
2:個別コーチング 15万、30万、50万円

《売上目標》

年間500万円
内訳:50万×3、30万×6、15万×12

成約率50%:42名体験セッションで集めれば良い
成約率40%:53名
成約率30%:70名

《販売までの流れ》

体験セッション(¥3000)へ集客
 ↓
個別セッション(無料)を行い、セールスを実施
※個別コーチングを販売する

《体験セッションに集める方法と人数》

1回の体験セッションに5名集まると仮定
成約率40%であれば53名集めれば良い
 ↓
月に1回開催できれば良い
※集まらなければ、回数か成約率を上げる方向で調整

月に5名集める方法
・オフライン集客(友人、知人メイン)
・オフライン集客(Facebookをメイン)

あくまでも計画ではあるので
実際に活動したときに
その通りにならないことがほとんどだと思います。

しかし、
計画を立てていれば
ズレている場合に
改善することができます。

まずは計画を立ててみてくださいね^^

チェック3|まずは行動してみる

コーチングでの起業をしようと思い
起業について考えたり、
本やネットで知識を学んだりしても
行動をしなければ
何もビジネスは進みません。

また、ビジネスは
動いて初めて分かることが
たくさんあります。

リアル集客1つとっても
友人、知人に声をかけるにしても

・誰に声をかければ良いのか
・どんな風に話す場を設けるのか
・どのように切り出すのか
・どのように言えばやってもらえるのか
・断られたら、どのように対応するのか

少し考えただけでも
これくらいはあるのです。

友人、知人に声をかけるという行動を
実際に起こそうとしたときに
こういった具体的な問題に
初めて気が付くことになります。

だからこそ
実際に行動を起こすことが大切なのです。

集客、体験セッション、個別セッション、セールスの
各場面で、様々なことが起こります。

経験しなければ
気が付けないことが
数多くあるので
まずは行動を起こしてみてくださいね^^

チェック4|PDCAサイクルを回す

どんなに計画を立てたとしても
計画通りになることは稀です。

特に起業の場合には
予想より悪くなることの方が多いです。

そんな時にどうするかというと
「PDCAサイクルを回す」ということを行います。

《PDCAサイクルとは?》

 ・Plan:計画する
 ・Do:実行する
 ・Check:チェックする、評価する
 ・Action:改善、改良する
この流れを繰り返すことを言います。

計画したことを実行して
どんな状況かをチェックし
良くないところを改善します。

改善したものをまた実行して
という繰り返しです。

例えば
体験セッションで5名集める予定(Plan)が
2名しか来なかった。(Do)
 ↓
募集内容に問題があるのではないか(Check)
 ↓
次回は募集内容を変更(Action)
 ↓
次回体験セッション募集へ

このように繰り返し、繰り返し
試していくのです。

PDCAサイクルを回すことは
売上に直結する部分だけでなく
様々な場面で活用できるので
活用できるようにしておくと良いでしょう。

・投稿に反応がない時
・個別セッションへの誘導率が悪い時
・セールス契約率が悪い時

多くの場面で活用できますよ^^

チェック5|コーチング起業を選ぶ理由を考える

そもそも起業の方法として
なぜ「コーチング」を選択したのか。

その理由を
明確にしておくことは大切です。

理由が明確になっていないと
起業してつまずいた時に
諦めてしまうのからです。

まずは
あなた自身がコーチングでの起業を
目指している理由を
一緒に確認していきましょう^^

なぜコーチングなのか?

最初にコーチングの定義を
確認しておきましょう。

《コーチングとは?》

望む結果を明確にして、
より早く効率的に、望む結果に向かう手助けをすること

起業の選択肢は
無限にあるかと思います。

物販、お店経営、フランチャイズ
コンサルタント、セラピスト
様々な起業の形があります。

その中で
あなたは、なぜコーチングを選んだのですか?

例えば
「コーチングならできそうだから」
という理由で起業する人もいれば、
「私のコーチングで救える人がたくさんいる!」
との強い思いで起業する人もいるかと思います。

しかし、前者のような「できそうだから」とか
「今の仕事は嫌だから」というような理由で
コーチング起業をするのであれば
あまり起業自体をオススメできません。

起業は誰でも上手くいくものではありません。
むしろ失敗を繰り返した先に
成功が存在しています。

そのため、前者のような
前向きではない起業では
失敗した時に乗り越えようという強い意志が乏しくなります。

困難な壁に当たったときに
頑張ることができないのです。

結果、コーチングでの起業を
あっさりとあきらめてしまうのです。

そして
別のことを始めてしまうのです。
このような考えで起業しても
上手く行く可能性は低いです。

ですから
困難な道でもやり遂げられる
という意思を持てる起業を
選択した方が良いのです。

途中で投げ出さないためにも
コーチングで起業する理由を
今一度確認しておきましょう。

あなたが起業するには
「コーチングがぴったり!」
と思えるかどうかを確認してみてください。

ぴったりかを確認するためには
実際に友人、知人にコーチングをしてみて

・喜びを感じられる
・楽しいと感じる
・もっとやりたいと思える
・少しくらいの困難があっても、やりたいと思える

この辺りを確認すると良いでしょう。

あなたがコーチングをやる意味

「あなたがコーチングをやる意味」は
見えているでしょうか?

重要なことは
「あなたが」というところです。

コーチと呼ばれる人は
世の中に数多くいます。

数多くの中から
あなたが選ばれなければ
起業をしても
ビジネスとしては成り立ちません。

だからこそ
あなたがコーチとして存在する意味を
見出しておく必要があります。

「私には〇〇な経験があるから、
□□で悩んでいる人を手助けできる」

ここに当てはめるように考えると
分かりやすいかと思います。

いくつか具体例を出しておきますね^^

《コーチングをやる意味》

・売れない営業マンから、全国トップの営業成績を出した経験
  ↓
 売れなくて悩んでいる人をトップに押し上げる手助け

・DV、不倫などの離婚危機から脱出した経験
  ↓
 夫婦関係が上手く行かない人が関係を修復する手助け

5-3:反対されたら諦める?

少し想像してみてください。

「コーチングで起業をする」と
家族や親族、友だちに言うとします。

返ってきた言葉は
「やめた方がいい」「無理だよ」
というような
起業に否定的な言葉ばかりでした。

さて、
あなたはコーチングでの起業を諦めますか?

この時
あきらめるという答えが出るのであれば
コーチングでの起業は
しない方が良いのかもしれません。

起業では
「なんとしても成し遂げてやろう!」という
強い意志が必要となります。

起業はリスクが伴うものですから、
周りの反対だけで
折れてしまうような気持ちでは
成功はほど遠いのです。

反対した人を納得させるだけの
熱意と行動力があって初めて
起業に向かって良いと言えると思いますよ^^

まとめ

いかがでしたでしょうか。

コーチングでの起業を目指すときに
チェックしておくべき5つのポイントについて
お伝えいたしました。

・チェック1|コーチング起業を選ぶ理由を考える
・チェック2|起業スタイルを確認する
・チェック3|収益までの計画を立てる
・チェック4|まずは行動してみる
・チェック5|PDCAサイクルを回す

コーチングでの起業を目指すのであれば
理由を明確にし、
「コーチングで悩める人を手助けしよう」という
強い思いを持って起業して欲しいと思います。

でも、思いだけでは
多くの人を手助けすることはできません。

計画を立て、行動し、
PDCAサイクルを活用して
軌道に乗せていってくださいね^^