体感覚タイプが好む商品説明

単価の上げ方(高単価への簡単ステップ)

強くセールスできないコーチのためのやわらかセールス100万講座 こちらをクリックして7点動画を無料で受け取る


コーチ、コンサル
セラピスト、
その他の個人事業主のための

「やわらかセールス」サポーター

松尾可奈です(^^)

今日は、脳タイプのうち
体感覚優位な方へ向けた
商品づくりについてお伝えします^^

今日は

どんな一日になりそうですか^^?

さて、ここ数日は

3つの脳タイプ攻略で
成約率UPする方法を

お伝えしています^^

人間は

「視覚」「聴覚」「体感覚」

の3つで外部の情報を
処理しているので

このタイプ別で、それぞれの方へ向けた
ご成約できる方法をお伝えしています^^

前回(別の記事)は

あなたのセッションや
商品を説明するときに

相手が
聴覚優位の方の場合に

どんな方法で関わるのが
おすすめなのか?

をお伝えしていきました^^

ここ数日の
お便りを見ながら、

自分が3つのタイプのうち
どれが優位なのか??

探ってみるのも
おすすめです^^

今日は

体感覚が優位な
タイプの人の特徴

をお伝えしていきますね^^

体感覚が優位なタイプの人の特徴

体感覚が優位なタイプの人は
こんな特徴があります^^

↓↓

体感覚から得る情報が多い人は
実際に触れたり味わったりして
情報を得ようとします^^

また、

体感覚タイプの人は
話すスピードが非常に遅くなります。

その理由は、

自分が体で感じたことや
気持ちに集中していて、

それを表現するために
言葉を探しながら話すから
です^^

あなたの周りにも

比較的ゆっくりと
ゆったりとしたスピードで
話す人がいませんか^^?

体感覚タイプの人は
身体の感覚や触覚がデリケートで
複雑なため

そこから得られる情報量が多いのです。

そのことが
見た目に見えないため、

言葉を選ぶのに
時間がかかるという訳ですね^^

また、

体感覚タイプの人の話す言葉は、
内面の気持ちや体で感じる情報に
近いものになります。

体感覚が優位な人を見極めるには?

実際のセールスの場面で
体感覚が優位な人を見極めるために
いくつか具体的な例をお伝えしておきますね^^

さきほどもお伝えしたように
身体に触れたり、味わったりして確かめようとします。

そのためボディータッチが多くなったり
肌で感じようとパーソナルスペースが狭い傾向にあるんです。

話す時に顔と顔の距離が近い人
身近にいませんか?

そういう方は体感覚が強い可能性が高いです。

肌で感じようとしているため
空気感や居心地の良さを非常に大切にしているのも特徴です。

もしあなたがセールスの場において
居心地の悪い空間を作ってしまった場合には
その方にはおそらく売れなくなってしまうことでしょう。

次に話がゆっくりになる人も体感覚が強い傾向があります。

自分の体感覚を確認するから話をしているからなのですが
そのテンポが遅いペースが
本人にとっては居心地が良い状態ですので
そのペースを乱さないであげてくださいね^^

このペースを乱してしまうのが
早口やまくしたてるような言動です。

体感覚の人のペースを守ることを優先してください。

他にも体感覚の人の特徴として
実際に物を触って確かめようとする傾向があります。

実際に触ることが出来る商品を提供している人は
触らせてあげましょう。
無形サービスを提供している方であっても
体験させてあげることは重要ですよ^^

体感覚タイプの人向け成約のコツ

それでは、

体感覚が優位なタイプの方への
ご成約ができる対応のコツを
お伝えしていきますね^^

↓↓↓

体感覚タイプの人への
ご契約率が高まる方法は
こちらです^^

↓↓

身体を使った表現によって
相手の体感覚にアピールし、

内面の気持ちや
体で感じる情報を
表現する説明をしていきましょう^^

そして、

比較的、ゆっくりと
相手のペースに合わせて
会話をすることを

心がけてみましょう^^

もしかしたら、

「実際に事例を挙げてもらわないと
わからないな〜」

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、

あなたの商品を体験することで

このような感覚になれるという、、、。

そんな表現を加えて説明していくのが

オススメです^^

↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「このセッションを受けることで 

あなたの課題は、

すんなりスッキリと解決して

居心地のよい状態
ずっ〜と続いていきますよ^^」

「そうすることで
あなたは
とっても楽になり

心がどんどん軽くなっていきます」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

↓↓

というように
感覚的な表現やことばを

会話の中に
多く取り入れていくと効果的です^^

もし、あなたが
体感覚が優位でなければ

あまりピンと来ないかもしれませんが^^

体感覚が優位な人からすると

このような言葉1つで

想像以上にイメージが湧きやすくなり
行動しやすくなるのです^^

そうすることで

あなたの商品やサポートに対して
興味がわく度合いも

大きく変わっていきます^^

体感覚優位の人へのセールスの仕方

体感覚優位の人にセールスをする場合には
ゆっくり話したり、表現を工夫することをお伝えしました。

他にもいくつかありますので
ご紹介しておきますね^^

先程も少しお伝えしましたが
体験できるものは体験させることが大切です。

但し、体験して悩みが完全に解消してしまうと
セールスしても売れなくなってしまうので
その点だけは注意して
体験する内容を選んでくださいね^^

感情に浸る時間、意見や答えを見つけるために
体感覚に頼る場面が出てくるはずです。

そんなときは
ちゃんと待ってあげてください。

待つことをしないで答えを急かしたり
セールストークをしていしまうことは
成約率を下げる可能性が高くなりますので注意が必要です。

また場所についても
居心地の良い柔らかいソファーのあるホテルのラウンジや
美味しいデザートがあるおしゃれなカフェなんかを
チョイスすると良いかもしれませんね^^

3つの脳タイプを意識しよう

さて、

この3日間で

視覚、聴覚、
体感覚タイプの人に向けた
ご契約するコツを

お伝えしていきました^^

あなたはこの3つのタイプで
どれに優位な感覚がありましたか^^?

もちろんですが、
世の中の人たちは
みなさん、どの感覚も持っています^^

ただ、この3つのタイプの人を
意識して

資料づくりや説明の準備を
すると

面白いほど
成約できるようになっていきます^^

これから、

少しだけ、

意識して取り入れてみては
いかがでしょうか^^?

体感覚優位な人へのセールスまとめ

セールスの場では、相手がどの3つの脳タイプかを判断することで
成約率を上げることが出来ます。

体感覚の人かどうかを見極めることが出来れば
今回お伝えした方法は有効となるはずです。

体感覚優位の方は、体感覚に判断を頼る傾向にあるので
体感覚で良いと判断されるそうに
セールスをしてあげると成約率を上げることが出来ます。

体感覚優位の人にセールスする場合には
今回の内容を上手く活用してくださいね^^