クライアントを盗られたと思う人 2つの特徴

セルフコーチング技術

強くセールスできないコーチのためのやわらかセールス100万講座 こちらをクリックして7点動画を無料で受け取る


 

同業者のかたに
ライバル視されたことは
ありますか?^^

 

コーチ、コンサル、
セラピストのための

「やわらかセールス」サポーター

松尾可奈です^^

今日は
どんな一日でしたか^^?

 

それでは早速

今日の本題に入っていきますね〜^^!!

 

最近、こんな事を
話している

コーチ、コンサル、
セラピストの方が
いました。

 

「クライアントさんを
あのコーチにとられた。」

とか

「知り合いの方を
あのコンサルさんに
もっていかれた」

 

などの言葉です。

 

あなたは、こういった事を
感じたことはありますか^^?

 

もしくは、

こういった事を話す人の
話を聞いたことがありますか^^?

集客に対して一生懸命に
なればなるほど

「上手くいきたい!」
「成功したい!」

 

と思うのは
自然な流れですよね^^

 

ですが、、、

あまりにも
一生懸命になりすぎるがゆえに

そういう考えを
していると

精神的に
きついですよね?

 

だいたい
こういった気持ちになる

コーチ、コンサル、
セラピストの方々には

 

「ある2つの共通点」があります^^

 

それは何だと思いますか^^?

 

今からお伝えする
2つのことが
備わっていないと

 

「クライアントさんを
あの人にとられた。」

とか

「あの人にもっていかれた」

などの発想になりがちなのです。

 

 

早速答えを
お伝えしていきますね^^

 

1つ目は

集客の仕組み化が
できていない

です^^

 

そして、

もう2つ目は

差別化できる
商品や
独自のブランドを
もっていない

です^^

 

 

この2つが備わっていない
状況だと

 

一生懸命な

コーチ、コンサル、
セラピストの方々ほど

 

すぐ近くにいる
同業者の方に対して

 

誰かれ構わず
ライバル意識をする傾向が
あります。

 

 

コーチ、コンサル、
セラピスト、

その他の個人事業主でも
言えることですが

 

同業者の方の
それぞれの強みを客観的に
見つめ合える立場に
たてることが大事ですね^^

 

それぞれの同業者の強みを
理解した上で

世の中のために
そして誰かのために

一緒にそのお互いの強みを

生かしあえるような
関係性が重要だと思います^^

 

【動画】
テレビを見ながら簡単に
学べるポジショニング