自分が○○な事はクライアントには教えれない!?

セルフコーチング技術


こんばんは^^

 「やわらかセールス」サポーター松尾です^^
今日は、どんな事に
感謝していますか^^?
私は、今日は午後から知り合いの
コーチやコンサルで成功している方々の
交流会に行ってきました^^
いい刺激になりました^^
ここで、ちょっとだけ
グループセッションの声の一部を
紹介しますね^^

♦本名)堺アキラ 様


かなり細かい話、
例えば「クライアントさんへの
アプローチ方法としてフレームを
使っている」事など知れて良かったです。
契約率を上げる前提づくりが
大事だという事に気づけたのが
大きな収穫でした。

♦仮名)佐藤 隆 様

直接色々な事が質問できて
良かったです。深いところまで
聞かせていただき
大変ありがとうございました。 

今日のテーマはこれです^^
【自分が○○な事は

クライアントには教えれない】
です^^
今日は、コーチやコンサルトしての

在り方についてお伝えしていきますね^^

早速ですが、○○に入る言葉は、
何だと思いますか^^?これは、在り方としてとっても

大切な事だな〜と思います^^最初に答えを言いますね^^


「自分が出来ていない事は
クライアントには教えれない」
です^^
そもそもの話にはなりますが、

これはとっても大切な事です^^あなたは数学の方程式の解き方を

知らないと、人にはその解き方を
教えれないですよね^^

コーチやコンサルも同じです^^

お金の心理ブロックが外せる、

自信がない状態でも数分後には
気持ちをシフトできるなど、
あなたが出来ている事は、
必ずクライアントも解決できます^^でも、あなたが出来ていないと、

コーチングしてもクライアントには
知識だけの提供になり、
全く伝わってきません。

それなら、
伝えない方が相手のためです。自分が出来ていない事を伝えても

説得力がないし、
まずそれに対しての確信度合いが
弱くなります。

確信度合いは、コーチや

コンサルにとってとても重要で
クライアントの意識を大きく
変容する力も持っています。

確信度合いが強い方が弱い方を

巻き込む力があるからです^^ここでお伝えしている確信度合いとは、

覇気があるとも言い換えられるでしょう。

自分が出来ること、出来ない事を
相手に真摯に言える事は
とても大事なことです。

コーチとしてビジネス安定を

求めてくると、知ったかぶりを
してしまい、
楽な方に流れていく場合も
あるかもしれません。それは、「相手のために」という

気持ちがいつのまにか「自分の弱さ」へと
ベクトルが向けられ、
自分の欲に従っている時に起ってきます。

あなたが「自分はそれ出来ているよ」と
すぐに感じられたのなら
素晴らしいプロ意識だと思います^^

もし、あなたが

「知識だけの提供になっているな〜」とか
「ベクトルが自分にむいているのかも!?」と
ちょっとでも感じたとしても、

今の自分を責める必要は全くありませんよ^^

そう感じたのなら、

今から少しずつ修正していけばいいんです^^!!

私は、そうやって一歩一歩自分の
気持ちと向き合いながら、
「本当に目の前の人のために
なっているのかな〜?」という質問を
よくしていました^^

今でもそれは欠かさずやります^^
いつでも完璧な人間ではないですからね^^

人は、環境の変化で

感情的にもなる生き物です^^ 


いつ、「人はいつ自分本意に
なるか分からない」という自覚と
自分に良い意味での疑いをもって
相手と向き合うくらいが丁度いいですね^^「このコーチングは、相手のために

なっているのかな?」
「この関わりは、自分のために
なってないかな?」

とベクトルが自分とクライアントの

どちらにむいているのかを自分に
質問して自分自身をマネジメント
していくといいですね^^常に学びながら進めるのは、

クライアントさんがいてから
こそ体験できることですね^^もし、あなたがクライアントさんと

契約してセッションを
していきたいと思っているのなら、

本業のお仕事をしている時にでも

人と関わる時に今日のことを
意識してみてくださいね^^

その体験が、クライアントさんが

出来て関わった時に生かされていきますからね^^今日も最後まで読んでくださって

ありがとうございました^^ 

お便り書いていたら、
いつの間にか周りが暗くなっていました^^(汗)