傾聴や共感は逆効果!?

脳科学&心理学を使った「やわらかコーチング」

強くセールスできないコーチのためのやわらかセールス100万講座 こちらをクリックして7点動画を無料で受け取る


 

あなたは、傾聴・共感をするように
心がけていますか?(^^)

 

コーチ、コンサル
セラピストのための

「やわらかセールス」サポーター

松尾可奈です(^^)

 

今日はどんな1日に
なりそうですか^^?

私は先日、オーケストラを
聴きに行ってきました^^

音の宝石箱と言われる
サントリーホールで
聴いたので音響も素晴らしかったです^^

オーケストラでは、
世界的デザイナーの
コシノジュンコさんとも
2度も、ばったり遭遇することができて(驚)

もちろんですが、
ブルゾンちえみとのCMに出ている
そのままのオーラを感じました(笑)

 

 

さて、今日のテーマは
こちらです^^

〜〜〜〜〜〜

傾聴や共感は逆効果!?

〜〜〜〜〜〜

です^^

 

つまり、

傾聴や共感はしすぎると
逆効果ということですね^^

 

このタイトルを見て

あなたはまず、
どんなことを感じましたか^^?

 

もしかしたら、

「え?」
と思いましたか?

 

傾聴や共感という技術は、

コーチングや
カウンセリング、コンサルでも

信頼関係を作るときに
オススメされる方法でも
ありますよね^^

 

コーチングや
カウンセリング、コンサルの
スクールに行ったことがない方でも

日常のコミュニケーションで
大切にされている方も
多いのではないでしょうか^^?

 

ですが、

これをやりすぎると
むしろ、逆効果

という話を聞いたことは
ありませんか^^?

 

私がこれまで会ってきた
コーチ、コンサル、
セラピストで

実績もあり、
業界で経験が長い方であるほど

こんな共通点を持っている人が多いです。

 

それは、こんな発言です。

↓ ↓ ↓ ↓

「クライアントさんが悩みを
相談してきたても

私は、ウンウンと首を縦にふって
じっくり傾聴したりは、絶対しない。

共感的姿勢は取らないよ。」

という発言です。

 

これを聞いて、
もしかしたら、

「冷たいな〜」と思いましたか^^(笑)

 

この方々が何を言いたいのか?

というと、、、

 

こちらが、
あからさまに、
傾聴や共感をしすぎると

クライアントさんが持っている
ネガティブな感情や状態を
助長しかねない。

なので、
傾聴や共感をしすぎるのは
あまりよくない

という考えですね^^

 

つまり、

傾聴や共感的姿勢を
しすぎることで

起きている現象が

 

ネガティブな感情や
状況であることを

重ねて意味づけさせる行為
になりかねない

ということですね^^

 

何においても、

適度が重要
ですね^^

 

もし、
今日の内容を見て

傾聴や共感を

「首を縦に振って
うん、うん、うなづいていた!」

という方は、

少し関わり方を見直してみる

そんな機会にしてみても
いいかもしれません^^

 

そこで、

次回のお便りでは、

今日お伝えすることに
関連してくる

 

9割以上の人が間違っている
ネガティブ感情の解放の
落とし穴

をお伝えしていきます^^

 

セラピーやカウンセリング、
今やコンサルにおいても

ネガティブ感情を解放させることを
重要視するセッションや
ワークがあります。

 

ですが、

このネガティブ感情を
解放することには、

大きな落とし穴が
あることを知っていましたか^^?

 

多くの講座やスクールでは
お伝えしていない

重要なお話をしていきますね^^
楽しみにしておいてください^^

 

【動画】
素直なコーチであればあるほど
ハマってしまう〇〇とは!?