マネージャー&スピリット脳科学&心理学を使ったやわらかセールス
コーチ 松尾可奈

セミナーやお茶会の価格の決め方とは!?

フロント商品の作り方

7人中5人のセールスできないコーチが月3件以上のご契約獲得!やわらかセールス無料オンライン講座


今日は、セミナー、勉強会、
グループセッション、
お茶会などの

フロントエンド商品
呼ばれるものの価格設定に
ついてお伝えしていきます^^

 

コーチ、コンサル
セラピストのための

「やわらかセールス」サポーター

松尾可奈です(^^)

セミナー、グループセッション、
お茶会、勉強会などの
イベントの価格はどうやって決めていますか?

 

もしかしたら、
「フロントエンド商品という言葉を
初めて聞いたよ!」という人も
いらっしゃるかもしれません^^

 

フロントエンド商品と
バックエンド商品について
まずは、簡単に説明しますね^^

 

フロントエンド商品とは
マーケティング用語で、
見込み客を集める商品を指します。

 

無料サンプルや
比較的買ってもらいやすいものを、
フロントエンド商品にして、
見込み客を集めて、
商品のリピート販売につなげたり、

もしくは、その後に、
高額なバックエンド商品を販売します。

フロントエンド商品を購入してもらう。

 ↓ ↓ ↓

バックエンド商品を購入してもらう。

 

この流れをうまく作ることで
本命のバックエンド商品を
買ってもらいやすい流れを

作り出すことができますよね?

 

フロントエンド商品を
一度買ってもらい、
価値を感じてもらった後に、
利幅の大きいバックエンド商品を

紹介し買ってもらう、

というマーケティング手法です。

 

 

もし、あなたが、
本命のセッションを

数万円から数十万で
誰かにオススメしたいとします。

 

あなたが
その本命の商品をいきなり
オススメしても

 

世の中の人は、

なかなか
お金を出せなかったり

「この人信用して大丈夫かな?」

と、お申し込みを
躊躇するかもしれませんよね?

 

そのため、

 

まずは、、、、

 

あなたの
セッションや商品がどんなものか?

あなたがどんな人か?

 

あなたや商品の情報を
知っていただくために
開催するのが

フロントエンド商品です。

 

コーチ、コンサル、セラピスト、
その他の個人事業主の方へおすすめする

フロントエンド商品は色々ありますが、

 

今日はセミナー、お茶会、
勉強会、体験相談会、
グループセッションの

フロントエンド商品の価格設定
についてお伝えしていきます^^

 

セミナー、お茶会、勉強会、
相談会、グループセッションの
フロントエンド商品の価格設定は、

だいたい幾らくらいが相場だと思いますか^^?

 

「1000円〜5000円
くらいでしょうか?」

 

それとも

「1万〜3万円でしょうか?」

 

もしくは、

「1000円以下が
良いと思いますか?」

 

 

できるだけ、
世の中の多くの方が

あなたのフロントエンド商品に
お申し込みしてくれるような

 

そんな状態を
作っていきたいですよね^^?

 

そうすることで、

たくさんの方があなたの商品に
出会うことができますよね^^

 

セミナー、勉強会、
(個別)相談会、
グループセッション、

お茶会などの
王道の値段設定の方法を

結論からお伝えしていきますね^^

 

↓↓↓

だいたい、
初期スタート時期

3000円〜
5000円以内から

スタートするのが
オススメです^^

 

そして、徐々に
集客の手応えを
確認しながら

8000円〜
12000円以上へ

上げていきます^^

 

留意点は

フロント商品は
高くても3万以内までに

留めておいた方が良いです^^

 

3万円から5万以上になると

あなたのことを初めて知る人は
なかなかお申し込みでき
辛くなるのは、
なんとなく
想像できますでしょうか^^?

 

セミナーやお茶会などのフロントエンド商品に

一般の方がお金を出しやすいのは

3000円〜5000円 まで程度

が多いです^^

 

フロントエンド商品の値段が
5000円以上で多くの人が

購入してくれるときは

 

ある程度の集客の仕組みが
構築できていたり

フロントエンド商品の価格を上げても
カバーできるブランド力や
実績がある
のである場合です。

 

そのタイミングになったら
価格アップに
チャレンジしてみても
いいかもしれませんね^^

 

 

最後に、

フロント商品の価格設定を
する時の

大事な考え方を
2つお伝えしますね^^

 

↓↓↓

フロント商品の価格設定の
考え方の1つ目は

 

★★★★★★

高い金額から設定せずに
安い金額から設定し

徐々に単価を上げていく

★★★★★★

 

ことをお勧めします^^

 

値段を最初から上げてしまうと
値段を後から下げづらくなります。

値段を徐々に上げていくことが
ポイントです^^

 

そして、

フロントエンド商品の価格設定の
大事な考え方

2つ目は、

 

★★★★★★

フロントエンド商品の価格を
無料にすると

キャンセル率が増える

★★★★★★

 

です^^

 

無料でやりたい!
と思う人もいるかもしれませんが
セミナー、勉強会、お茶会、
(個別)相談会、
グループセッションなどを
無料で募集すると

 

お金を支払うという
決断力を持たなくてよかったり

参加しよう!というコミット力が
下がるのでフロントエンド商品の
キャンセル率が増えます。

 

フロント商品の参加率が減るので
あなたが本当に提供したい

本命のバックエンド商品を
購入する人も当然、減っていきます。

 

 

あなたが、もし
「誰かの役に立ちたいな〜」
「多くの人に参加してほしいな」と
思うのであれば、、、

 

フロント商品を無料にしない方が
おすすめです^^

 

ですが、セミナー、勉強会、
相談会、グループセッションなどを
開催したことがない人で、

初めての開催だからまずは
無料で練習したいと思う人であれば、

最初は無料から初めてもいいのかもしれません^^

 

私も初めて開催した1回目は、
無料で開催しました^^

 

【動画】
楽に単価を上げて契約する
ための3つの準備


驚きの成約率になったやわらかセールス講座の秘密とは!?

  • 副業コーチで月223万達成したプロフィール術
  • コーチ1年目で年収1000万になる3つの分かれ道と優先順位
  • コーチ1年目は要注意!踏み外さない「リアル・ポジション」とは?
  • 月100万超えのコーチたちが“契約1ヶ月前”に準備していたもの
  • facebook&ブログを使った“やわらか”ブランディング集客術
  • 体験セッションでやわらかく高額契約がいただける「4つの必勝項目」
  • 平均単価20万円以上になる「メニュー料金設定」3種

本講座のみでしか公開していないやわらかセールス養成動画を今だけ無料で公開!