セミナーやお茶会の価格の決め方とは!?

フロント商品の作り方

強くセールスできないコーチのためのやわらかセールス100万講座 こちらをクリックして7点動画を無料で受け取る


コーチ、コンサル
セラピストのための

「やわらかセールス」サポーター

松尾可奈です(^^)

 

ここ数年は

1年〜2年おきに
引っ越ししています^^

今まで住んでいたところも
とっても気に入ってたのですが

住む場所は大事なので、
思い切って
理想の環境へお引っ越ししました^^

 

さて、今日のテーマは
こちらです^^

↓↓

=============

セミナーやお茶会の
価格の決め方とは!?

=============

です^^

 

セミナー、勉強会、
グループセッション、
お茶会などの

フロント商品
呼ばれるものの設定に
ついてです^^

 

もしかしたら、
フロント商品という言葉を

聞いたことが無い方が
いらっしゃるかもしれませんよね^^?

 

ここで、
ちょっと

フロント商品が何なのか?

を簡単に
説明させてください^^

 

あなたが、
本命のセッションを

数万円から数十万で
誰かにオススメしたいとします。

 

あなたが
その本命の商品をいきなり
オススメしても

 

世の中の人は、

なかなか
お金を出せなかったり

「この人信用して大丈夫かな?」

と、お申し込みを
躊躇するかもしれませんよね?

 

そのため、

まずは、、、、

 

あなたの
セッションや商品がどんなものか?

あなたがどんな人か?

 

あなたの情報を
知っていただくために
開催するのが

フロント商品です。

 

あなたが、

「ぜひ、体験して欲しい!」
「ぜひ、買って欲しい!」

と思う本命の商品の

「前に」提供するという意味で

フロント(前の)商品

と呼ばれています。

 

フロント商品には

セミナー、お茶会、
勉強会、体験会、
グループセッション、

などがあります^^

 

世の中の人が
参加しやすいように
複数で集まるものが多いです^^

 

 

さて、
今日の
本題に入っていきますね^^

 

それでは、

フロント商品と呼ばれるものは
だいたい
幾らくらい??

が相場だと
思いますか^^?

 

「1000円〜5000円
くらいでしょうか?」

それとも

「1万〜3万円でしょうか?」

 

もしくは、

「1000円以下が
良いと思いますか?」

 

せっかくの機会なので
今日はここを一緒に考えて
みましょう^^!

 

↓↓

 

そこで!
私からの答えを
お伝えする前に、、、

フロント商品の目的について
一緒に確認をしたいと思います^^!!

 

おそらく、、、、

このお便りを
読んでくださっている
あなたは、

「誰かの役に立ちたい。」

と思っている方では
ないでしょうか^^?

 

あるいは、

世の中の人のために
自分の商品を

「おすすめしたいなー。」

と思っている方では
ないでしょうか^^?

 

きっと、

自分だけが
幸せになりたいのではなくて

自分も相手も
幸せになれることを

理想としている人だと思います^^

 

そして、、、、

周りの方を大切にできる
相手思いの方なのでは
ないでしょうか^^?

 

そうなると、、、

できるだけ、
世の中の多くの方が

あなたのフロント商品に
お申し込みしてくれるような

そんな状態を
作っていきたいですよね^^?

 

そうするとこで

世の中の多くの方の
ためにもなるし

何よりも社会貢献に
つながっていきますよね
^^

 

フロント商品の設定方法は

扱っている商品や
業界によっても

オススメの考え方や
値段のつけ方が変わってきます^^

 

ですが、

今日のお便りでは
フロント商品の
王道の値段設定の方法

その考え方を
お伝えしていきたいと思います^^

 

早速、
結論からお伝えしていきますね^^

 

まずは、

フロント商品の
値段設定のオススメ方法は
こちらです^^

 

↓↓↓

 

だいたい、
初期スタート時期

3000円〜
5000円以内から

スタートするのが
オススメです^^

 

そして、徐々に
集客の手応えを
確認しながら

8000円〜
12000円以上へ

上げていきます^^

 

留意点は

フロント商品は
高くても3万以内までに

留めておいた方が良いです^^

 

3万円から5万以上になると

世の中の人が
なかなかお申し込みでき
辛くなるのは、
なんとなく
想像できますでしょうか^^?

 

世の中の人が
セミナーやお茶会などの
フロント商品にお金を出しやすいのは

3000円〜5000円 程度

と言われています^^

 

フロント商品の値段が
5000円を超える時は

その時点で
ある程度の集客の仕組みが
構築できていたり

価格を上げても
カバーできるブランド力や
実績が前提にある
のであれば

うまくいくケースが
多いです^^!!

 

そのタイミングになったら
価格アップに
チャレンジしてみても
いいかもしれませんね^^

 

さて、ここまでは、

フロント商品の価格の
具体的な
設定方法とポイントを
お伝えしていきました^^

 

最後に、

フロント商品の価格設定を
する時の

大事な考え方を
2つお伝えしますね^^

 

↓↓↓

 

先ほどの説明したので
もうお分りだと思いますが、、、

 

フロント商品の価格設定の
考え方の1つ目は

★★★★★★

高い金額から設定せずに
安い金額から設定し

徐々に単価を上げていく

★★★★★★

です。

 

値段を上げてしまうと
値段を後から下げづらく
なりますので

値段を徐々に上げていくことが
ポイントです^^

 

そして、

フロント商品の価格設定の
大事な考え方
2つ目は、

★★★★★★

フロント商品の価格を
無料にすると

コミット力が下がり、
キャンセル率が増える

★★★★★★

です^^

 

無料でフロント商品を
やりたい!

と思う人もいらっしゃるのでは
ないでしょうか^^?

 

ですが、フロント商品を
無料で募集すると

お金を支払うという
決断力やコミット力が下がるので

フロント商品の
当日のキャンセル率が増えます。

 

フロント商品には
参加したものの、

あなたが本当に提供したい

本命の商品を購入する人も
減っていきます。

 

あなたが、もし

「誰かの役に立ちたいな〜」と
思うのであれば、、、

相手のこれからの将来のことを
真剣に考えてあげたい
ですよね^^?

 

フロント商品を
無料にしない方が

相手の将来のためになり
より大きな
社会貢献につながっていきます
^^

 

【動画】
楽に単価を上げて契約する
ための3つの準備