コーチとは○○だ!という考えは××になる!?

セルフコーチング技術

強くセールスできないコーチのためのやわらかセールス100万講座 こちらをクリックして7点動画を無料で受け取る


 

 

こんばんは^^

コーチのための
やわらかセールスサポーター

松尾です^^

 

今日はどんな一日を過ごされていましたか^^?

 

今日は、12月からご契約されたクライアントさんから

「3人目のご契約を頂きました!松尾さんのおかげです!!」

と連絡があって嬉しかったです^^

 

1週間ほどしかコーチング学校で
学ばれていないのですが、

 

毎月1人ずつ仕事をしながらご契約をとられています^^

 

クライアントさんに良い事があると
思わずガッツポーズして喜びたくなります^^

実際にガッツポーズしました^^(笑顔)

 

 

さてさて、

今日は、私が最初につけたコーチについてお話しますね^^

 

【こんなコーチに私はなりたくない!】

 

 

私は東京に3年前に来てすぐに
目標達成コーチをつけました^^

 

正直に言うと

 

私は、お世話になったコーチだったのにも関わらず

 

セッション最後の方で

「私は、こんなコーチにはなりたくない!」

と憤りを感じていました。

 

でも、今思うと

それは、独りよがりの考えだったと
後々反省しました。

 

コーチも1人の人間なのに、

「コーチとして私のお手本になる人!」
と勝手に崇高なものに位置づけしていたんです。

 

「当時のコーチを否定しているようで、
実際は、自分のことを同じくらい否定して
ネガティブに捉えていたんだな〜」

と時間が経過して分かりました。

 

 

そんな私だったので、

3年前に私に最初のクライアントさんが
ご契約してくださった時に

 

「コーチとして○○でないと!」

「コーチは○○できて当然!」

 

という自分への期待を

重石のようにかせていました。

 

確かに、

「コーチとして○○でないと!」

「コーチとして私は、○○でありたい!」

と思う責任感や使命感は大切なのですが、

 

以前の私は、

 

結果的にその責任感や使命感が

自分のコーチとしての在り方を厳しくして、

 

クライアントさんにはよいコーチであろうと

虚勢をはるようになっていました。

 

 

クライアントさんよりも立場が低くなると
コーチングにならないとか、

そんなちょっとした不安もありながら

以前は、関わっていました(笑)

 

今は、ある程度のプライドはあっても、

虚勢をはったり見栄をはることはなくなりました^^

 

自分のいいところも、よくないところも
クライアントさんに知ってもらった上で

クライアントさんが望む実績を出していくことに

注力しています^^

 

なので、

もし、貴方が

「コーチ、コンサルとして○○でなきゃいけない!」

と肩に力が入っていたら、

少しリラックスして
自分をみつめてみてくださいね^^

 

コーチ、コンサルとしての立場で
無理をしていたら、休むことも大切です^^

 

貴方が、本業がありながら副業でやっているとしたら、
尚更ですよね^^

 

いつも応援しています^^