コーチのお客様の声で大切な○○性

セルフコーチング技術


こんばんは^^

 

コーチ&コンサルの

「やわらかセールス」

サポーター松尾です^^

 

 

今日はどんな一日でしたか^^?

私は、友達と部屋の家具を

見に行ってランチしたりと楽しんでました^^
今月最初はかなり忙しかったので、

今はゆとりを大切にして少しゆるめてます^^
さて、今日のテーマはこれです^^

 

 

 

 

【お客様の声で大切な○○性】
最近、Facebookブランディング

コンサルでこんな方がいました^^

 

 

 

 

「可奈さん、当初、Facebook

ブランディングコンサルタントで

ポジションを絞ってやっていこうと

思っていたのですが、
最近は、集客、イベントなどの

企画などトータルビジネス

コンサルとして活動していく方が

楽しいイメージがわきました!」

「だから、そこをポジションに

しようと思います!」

と生き生きして言われていました^^

 

 

 

 

この方は、Facebookの

ブランディングが上手で

かなりのノウハウを大量に

持っていて資料にされているほどです^^

私から見ると、

 

 

 

この方の強みは、明らかに

「Facebookのブランディングの

ノウハウ」に絞った方が

かなり上手くいくと思うんですよね^^

ですが、

 

 

 

 

その方がやりたい事は、

Facebookのブランディングだけに

狭めないビジネス立ち上げの

トータルサポートと言われるのです^^

 

 

 

 

もちろん、

それはそれでトータルサポートを

することは、クライアントさんに

とって嬉しいことであり

価値があることですよね^^

ですが、

 

 

 

 

見せ方と成果は相手に分かりやすい

内容に入り口を作ることが大切です^^

以前もお伝えしましたが、
Facebookやブログのヘッダー画像に

USPをかかげるときに、

トータルサポートができる事を

唄っちゃうと、

コーチやコンサルとしてぼやけた人になるんです。

 

 

 

 

つまり、

コモディティ化(一般化)しちゃうのです!!

何となくわかりますよね?

 

 

 

 

そして、そうなると

一番起ってはいけない事が起きるのです。

 

 

それは何だと思いますか?
答えは、

大切なお客様の声

ぼやけてしまう!

という事です。

 

 

 

お客様の声がぼやけると、

読み手には

「あっ!これって

私が必要としていることだ!」

と思ってもらいにくくなります!

 

 

 

集客もできて、

ブランデイングもできて、

月収もあがって、すべてが手に入ります!!と

宣言するコンサルだと、

お客様の声にも

ばらつきが出るのは予想できますよね。

 

 

 

「集客が○倍になりました!」や

「ブランデイングが

出来るようになりました!」

 

 

「月収がアップしました!」などなど
お客様のバラバラな成果の声が10人よりも

 

 

「Facebookの集客が○倍になり、

月収売り上げが○倍になった」

 

という2つに絞って一貫した

お客様の声が10人並んだ方が

分かりやすくて、

説得力がありませんか^^?

 

 

 

 

 

そして、もし、あなたが

Facebookブランデイングや

集客について成果を上げたいと

悩んでいる時ならどうでしょう?

 

 

 

「あっ!この人が私の問題を

解決してくれそう!」

と思いませんか^^?

 

 

 

 

お客様の声は、上記のように

「月の集客人数」と

「クライアントさんの月収売り上げ」などの

2つに絞って

一貫性のある細かい

ピンポイントでクライアントに

実績を作るイメージをするといいです^^

 

 

 

 

 

2つにした理由は、

覚えやすく分かりやすいからです^^

 

 

 

 

他の方のサイトに出かけて

浮気したりしにくいって事です^^
お客様の声にポイントをおくのは、

最大3つまでですね^^!!

 

 

3つなら、

覚えやすくインパクトに

残りやすいからです^^

 

 

余談ですが、お客様の声は

2つの実績のポイントに絞って、

もう1つの実績は表に出さず、

裏技があります^^

 

 

 

また、違う機会にお伝えしますね^^!!

私の場合を参考までにお伝えしますね^^

 

 

 

 

私のお客様の声を見て頂いたら分かりますが
クライアントの実績の部分に

 

「コーチやコンサルを始めて

間もない人の1〜2ヶ月内の契約人数」と

「契約金額」の2つに絞って

必ず一貫性を持って表記しています。
何度も言いますが、

この2〜3つに絞った一貫性のある

お客様への結果が大切です^^

 

 

 

 

そして、

残りは、あなたという人柄が

どんな人なのか?

お客様の声で書いて頂けたらいいのです^^

 

 

 

今は、一貫性のあるお客様の声が

無くても大丈夫ですからね^^!!

 

 

 

 

安心してくださいね^^!!
今日お伝えしたお客様の声の質を

意識しながら行動していくだけでも

今後の結果が大きく変わってきますからね^^

 

 

 

 

結末を意識しておいた方が

クライアントさんへの実績も

出しやすいですからね^^!

 

 

 

なので、USPを考える時は、

お客様の声で「具体的にどんな声に

絞って」集める必要があるのかを

先に考えておくのもいいですよね^^

 

 

こちらの可愛いお花を

クライアントさんから頂きました^^

私のイメージ通りのお花だそうです^^

 

ありがとうございます^^