結婚相手は6歳までに決まっている?!

脳科学&心理学を使った「やわらかコーチング」

強くセールスできないコーチのためのやわらかセールス100万講座 こちらをクリックして7点動画を無料で受け取る


 

こんばんは^^  

 

コーチのための
「やわらかセールス」サポーター

松尾です^^  

 

今日はどんな一日でしたか^^?  

 

私は知り合いの方から
カットモデルを頼まれて
髪を切ってきました~^^    

 

昨日のお便りで、

ブロック外しをする時、
クライアントさんと関わる時  

2つ注意することがありますと
お伝えしましたよね^^    

 

2つとは、    

1.ブロック外しは、そもそもビリーフが確実に取れる ということをゴールにしない事    

2.ビリーフが形成された時期に合わせて アフターフォロー内容を変える      

ですね^^    

 

1.については、
昨日動画で詳しくお伝えしました^^

まだ、動画を見ていない方は以下から見れますよ^^♪  

 

(動画)
【心のブロックはずしのたった1つのコツとは?】
(2分35秒)

↓↓↓

 

 

今日は、  

ビリーフが形成された時期に合わせて アフターフォロー内容を変える    

について詳しくお伝えしていきますね^^!!      

 

 

ビリーフとは、思い込みや意味付けでしたね^^    

 

ビリーフの作成され方は、
一昨日お話しました^^    

 

4~6歳の時に両親や環境によって
作られた影響が大きいと言いました^^      

 

中学校~高校までにかけて、
社会人になってから形成されるものもあります^^    

 

それは、

ビリーフが形成された経験のインパクトによっても

ビリーフの強弱が変わってきます^^        

 

つまり、  

ビリーフの形成された時期や 経験の
インパクトの大きさによって

アフターフォローも 変えていく必要があるんです^^    

 

例えば、4~6歳の時の経験からくるビリーフは、

確信が弱まったり、ビリーフが気にならなくなるまで
時間がかかる場合があります^^    

 

 

 余談ですが、

心理セラピストで有名な 棚田克彦さんは、

「結婚する相手は6歳までに 決まっている」

と言われています^^  

 

4~6歳の経験から貴方が得たビリーフは、
なかなか変えがたいからです。      

 

そのため、  

寧ろ、ゆっくり時間をとりながら
ビリーフの確信を弱める ほうが
良い場合もあります^^    

 

逆に、 社会人になって得た思い込みは
すぐに取れやすかったりします^^  

 

思い込んでからあまり時間が
経過しておらず
真新しい感覚でもあるからです^^  

 

パワハラなどのインパクトが 大きい経験からくる
トラウマはこれとは別です。 

 

4~6歳の経験で 形成されたビリーフは、
一筋縄でいかない場合も多いので、

アフターフォローをしっかりやることが大切です^^    

 

例えば、 私の場合、

4~6歳のときに、
いつも成績優秀な姉と比べられて
育った経験がありました^^      

 

当時、 母親に

「お姉ちゃんの方が 妹の貴方よりも
よく言う事を聞いて良い子ね」

と  言われ育ったため、
そのような思い込みを持ってたんですよね~^^      

 

このような場合は、

繰り返し幼い頃から
母親から言われた経験であり、  

4~6歳の時期に形成されたので、

心のブロックが外れるのに
時間がかかる場合があります^^    

 

 

つまり、   アフターフォローとしては、  

「姉の方が自分よりも成績が優秀」

という 思い込みの確信が弱まる体験を
繰り返し実感してもらうように
ワークを数回するなど  

フォローが必要になります^^    

 

トラウマほどの痛みからの
経験ではない限り、

社会人になってから形成されたビリーフは
これよりも早期に 解決できる事が多いです^^        

 

今日の説明は 分かりにくくなかったでしょうか^^??    

 

分からなかったところがあれば、
イベントなどで会った時にでもご質問ください^^  

ビリーフの説明は、
直接会話で質問して頂いた方が
誤解なく伝わると思います^^        

 

 

こちらの写真は、栃木のとある温泉&旅館からです^^