副業コーチビジネス音痴への嫉妬の話

コーチ、コンサル、セラピストのための「やわらか集客」

強くセールスできないコーチのためのやわらかセールス100万講座 こちらをクリックして7点動画を無料で受け取る


 

今日は
やわらかセールスの極意を
お伝えします!^^ 

 

コーチ、コンサル、 
セラピストのための 

「やわらかセールス」サポーター 

松尾可奈です^^ 

今日はどんな一日でしたか^^?

 

今日のテーマは 

ビジネス音痴に向けられた嫉妬の話です。 

 

どんな内容かというと、、、 

私が独立する前の看護師時代の 
お話です^^ 

 

今日はそのお話をしてもいいですか^^?

 

私が副業コーチとして活動していたときに

とあるお食事会で 

独立して活動されている 
コンサルの男性と出会いました。 

 

その方とたまたまお話をしていると 
私の副業コーチの活動にとっても 
興味を持ってくださったんです。 

 

その当時の私は 

看護師をしながら、副業で
目標達成コーチとして活動していました。 

 

そのときは、副業コーチで 
月に223万円の御契約を達成した年で 
年収1000万以上になっていました。 

 

あっ、、、 

もちろん、ですが

看護師のビジネス音痴からの 
スタートだったので 

そこまでいくのには 
色々な苦労が沢山ありました。 

 

例えば、、、、

「押し売りに思われたらどうしよう」 

とか

「私がお金もらっていいのかな?」 

と思っていたり。

 

セルフイメージが低いし 
セールス経験ないし 

という、

全くビジネスも経験がない
無知にもほどがあるところから
スタートしています。。。 

 

そういった苦労もあって 

トライ&エラーを何度も繰り返して 

やわらかセールス技術や 
セルフコーチング技術を 

身につけてきた私は 

 

最終的には 

副業コーチの時から 

コーチングセッションに 
一人当たり50万の御契約を 
頂いていました。 

 

なので、だいたい毎月お2人 
ご契約させて頂いたら 

月収100万円を越える状態でした。 

 

ですが、、、、、 

 

その話を 

たまたま、その独立している 
男性コンサルさんに話すと 

びっくりされました。。。 

 

よくよく話を聞いてみると、、、 

男性コンサルさんは 
こんなことを言われていました。 

 

「なんでコーチなのにそこまで 
売れるんですか(汗)?」 

「僕は、独立して 
コーチだと売れないと思って 
専門性をコンサルに 
急遽、変えたんです(怒)!」 

とお話されていました。 

 

毎日ブログや 
メルマガを一生懸命書いて 
集客しているのに 
上手くいかなくて 

憤りを感じ、困っているようでした。 

 

また、その方のご契約単価は 

当時の私よりも 
低めの5万〜10万円でした。 

 

なので、、、、 

その男性コンサルさんから見ると

 

私が看護師を正社員でしながら 

副業の時間の合間でどうやって 
そこまでの活動が出来ているのか?? 

かなり 
不思議に思われたようです。 

 

しかも、見た目はどう見ても
ビジネス音痴だし、、、

というわけです。

 

今日は、 
何をお伝えしたいのかというと ?

 

一生懸命、ブログを書いたり 
メルマガを書いたり 

集客に力を注ぐよりも 

もっと最初にしたほうがいい事が 
実は、あるということです^^ 

 

それは、

ある程度の単価で 
御契約を頂けるようになることを
最初に重要視した方が、

最終的には、うまくいくということですね^^ 

 

そうすれば、集客にそこまで力を 
入れなくても 

エネルギーを注いだ分の 

リターンが大きく返ってきます^^ 

 

そして、そのあとで、

集客に力を注いだ時には、
とっても集客が楽になっていきます^^

 

副業から始めるなら、尚更 

集客よりも契約率、セールス力 
と言われるものを 

高めておいたほうがいいですよ^^ 

 

 

あっ、、、ここでお伝えする 
セールス力というのは、、、 

もちろんですが 

 

あなたが 
相手の将来のために 
背中を教えてあげるような 

そんな意味あいのものです^^

 

ただ、お金だけ頂くための 
一般的なセールス力ではありませんので 
ご注意くださいね^^!! 

 

あなたが誰かのために、
世の中のために 
役に立ちたいという思いを 

しっかり届けるためのツールが 

ここでお伝えする 

愛あるセールス

つまり、

やわらかセールス

です^^

 

【動画】
副業コーチ「コーチング商品づくり」は
なぜ、優先順位が低いのか?