Facebook投稿で伝える時は、○○を打ち出す!

コーチ、コンサル、セラピストのための「やわらか集客」

強くセールスできないコーチのためのやわらかセールス100万講座 こちらをクリックして7点動画を無料で受け取る


 

こんばんは^^

コーチのための
やわらかセールスサポーター

松尾です^^

 

今日はどんな一日でしたか^^?    

 

私は、お昼の用事を済ませて、
カフェで仕事しながら
ゆっくり過ごしていました^^      

 

3日間限定配信!!

本日でいよいよ終了です^^

 

Facebookの友達が
「ほったらかしで 3ヶ月後5000人になった理由」

をお届けしています^^  

 

3日目最終日の今日は、

『Facebook投稿で伝える時は、
○○を打ち出す!』 です^^  

 

ちょっとその前に  

昨日、お伝えできなかった事を
お伝えしますね^^!!  

 

昨日もお伝えしましたが

Facebookの写真を撮る時に
心がけている

「一貫性」があります^^    

 

それは、  

昨日お伝えした内容2つと

最後のもう1つは、    

 

3.伝えたい投稿内容でカメラを」 「上から撮影」か「下から撮影」か分ける です^^    

 

私の場合は、自撮りをする時に、

カメラの位置を

「下から撮影(あご側)」

する 場合があります^^    

 

どちらで撮るかは、

貴方が どう見せたいかで
変えるといいです^^
 

 

私は、目標達成コーチという
仕事をしています^^    

 

私の場合は、

コーチの クライアントがほとんどで  

ある程度、相手に影響力を
与える存在である必要があります^^    

 

心理学や脳科学の知識を使いながら
相手を成果まで導いていく、

指導や教育的なところも

関わってきます^^    

 

例えば、

士業の方や コンサルタントもそうですよね^^  

 

「権威効果」というのを
ご存知でしょうか^^?  

 

背が低い人より背が高い人の方が

権威効果が高くなる事が

心理学の実験で確認されています^^    

 

カメラの位置を

「下から撮影(あご側)」するのは、

写真を見る人が見上げた感覚に
なるからです^^    

 

じゃあ、例えばあなたが 

「AKBのような女性アイドルで
可愛さを売りにしたい」

としましょう^^    

 

そうしたら、カメラの位置は、

「上から撮影」します^^    

 

もうお分かりですよね^^?    

 

男性は、一般的に背が 低い女性を
好みますよね^^?

 

男性が目線を下にすると
女性が小さく見え、
可愛いく見えるからです^^
   

 

もしかすると、

今までのお話を聞きながら、

「こんな小手先の小細工をするよりも、
実際に会って
自分の人柄や中身で
勝負しなよ!!」

と思われたかもしれません。    

 

もちろん^^  

 

人と関わる上で

それが私も 一番大切な事だと思っています^^    

 

ですが、

今は、Facebookや ブログなどで
個人情報が溢れているなか

貴方に会う前に、 すでにネットで情報を
知られていたりもしますよね^^?    

 

つまり、

第一印象というのは、

今となっては、Facebookや
ブログなどのSNSの場であったり、    

会う前からすでに貴方の
印象が決めつけられている場合も多いです^^  

 

 Facebookに顔写真を載せている人は

まずは、その印象ですよね^^    

 

 

ついつい、話が長くなってしまいました^^    

 

さてさて、

改めて、今日の本題は、

『伝える時は、○○で打ち出す!』

です^^

 

Facebookの投稿で伝える時には、
どんな事を意識していますか^^?    

 

結論から言いますね^^

 

私は、自分にしかない 「世界観」

を打ち出す事を意識しています^^      

 

周りのFacebookのお友達が
表現していないような

「自分にしか出せない世界観」です^^    

 

これに関しては、

貴方からしたら、
私もまだまだ発展途中かもしれません^^(笑顔)

 

日々の体験の想いや
気づきでいいんです^^    

 

ただ、そこに貴方のリアルな
本音の感情があって、  

相手に価値を提供できるものである
必要があります^^    

 

また、  

 

リアルな感情というのは、

貴方にしか体験していない悔しさや、

辛い、悲しいなどの「本音」です^^    

 

もちろん、

楽しい話題でFacebookのお友達を
明るくさせてる事も
いいですよね^^    

 

ネガティブな事を書いたとしても

最終的には、それをどうやって
乗り越えたかという    

Facebookのお友達を前向きに
させてくれるような話だといいですね^^!!    

 

ある文化人類学者が、日本は

「恥の文化」だと取り上げています。  

 

日本人は、欧米と違って 

周囲の人から受けた嘲笑や 非難から

「恥」という心情が

大きく影響しているんです^^    

 

なので、貴方が

「こんな事バレたら 恥ずかしいよな〜」

「こんな事Facebookでは
言えないよ〜(汗)」  

と普段ちょっと恥ずかしくて
言えない事を伝えると

Facebookのお友達は、
その本音を聞いて

何だか 「ほっ」と癒されたり
するんです^^
   

 

そんな体験をした事はありませんか^^??    

 

もちろん、

意識されているとは思いますが  

Facebookのお友達に

相手が喜ぶような価値を
提供していく事が前提ですね^^!!  

 

Facebook投稿を読んでいる
こっちまで

「よし!がんばろう」と
勇気をもらえたり、

「何だかほっとするな〜」と
癒される内容だと嬉しいですよね^^