感謝のワークは、○○な人はストレスに感じる!?

セルフコーチング技術


コーチのための

やわらかセールスサポーター

松尾です^^

 

今日の感謝している事は何ですか?

と、毎回質問させて頂いてますよね^^

 

この感謝のワークについて

私のメンターとして慕っている

堀江信宏さんが

先日、興味深い事を言われていました^^

 

 

堀江信宏さんは、

石原明さんなど有名な方々を

プロモートされた方です^^

 

 

堀江さんが言われた事を

紹介させて頂きながら、

私の体験をお伝えしていきたいと思います^^

 

 

「感謝のワーク」というのは、

今何に感謝していますか?

 

という事にフォーカスして

応えていきますよね^^

 

 

私の場合は、毎朝10個

感謝している事を出して

感謝のワークをしています^^

 

 

堀江さんは、

「何か良いことがあったら

幸福感を感じるといういうような

一時的な効果が得られる事が前提です」

 

と言われていました。

 

 

続けて、

「感謝のワークは、

”つながり感”を知っている人に

だけ効果があります」

と言われていました。

 

堀江さんの言われるつながり感とは、

「世界とつながっている感覚」のイメージです^^

 

 

たまに、世界中の人と1つの面で

繋がっているという例えを

されている人がいます^^

 

私も、これを実感した時があります^^

 

 

1つのブレイクスルーのような

一瞬の体験でした^^

 

 

それからは、私の場合、

この体験を通して

「世界とのつながり感」を

感じるようになりました^^

 

 

ちょっと曖昧な表現で

伝わりにくいかもしれませんが^^

 

 

何を言いたいのかと言うと。

 

感謝のワークは、

つながり感という

セキュアベース(安全地帯)が

形成されていないと

ただのストレスになってしまう

という事です^^

 

 

つながり感とは、

3歳までに母親から肌感覚で

受け取ってきた 

愛情 にほぼ近いものです^^

 

 

特に3歳までは母親との密接な

5感覚の関わりが

セキュアベース(安全地帯)を

つくっていきます^^

 

 

愛されている事が

刻まれていった期間とも

言えるでしょう^^

 

 

セキュアベース(安全地帯)とは、

簡単に言うと
何かに挑戦しよう!と未知なるものに

チャレンジする時など

変化を起こせるような土台となるものです^^

 

 

セキュアベースが

しっかりしている人は、

色々な未知なるものにチャレンジして

変化に耐えれるベースができています^^

 

 

反対に、

今までやってこなかった事に

チャレンジしようとしても、

不安だったり、失敗が怖くて

チャレンジできない人は

セキュアベースがもろかったりします。

 

 

「今日の感謝している事は

何ですか?」という問いかけに対して

 

ややストレスを感じた事があるって方は、

 

まずは、「つながり感」を感じるワークを

するのをオススメします^^

 

私がどんなつながり感を感じる

ワークをしているかを

次回お伝えしますね^^