コーチングのスタートは、「不格好でいいから」まずやってみて!

セルフコーチング技術

強くセールスできないコーチのためのやわらかセールス100万講座 こちらをクリックして7点動画を無料で受け取る


 

ディズニーファンなら
既に知ってることでしょうか^^?

 

先日、ディズニーランド開業当初の
ミッキーとドナルドダックを見て

驚きました^^

 

私はファンってほどまでも無いけど
1年に1回行く機会があるくらい^^

 

開業当初のミッキーって
あんまり可愛くないし、  

ドナルドダックも 素足を見せてるくらいの
仕上がり感です^^笑    

今の夢の国ディズニーランドの
イメージとはほど遠く感じますよね^^      

 

でも、

良いものを創りだすためには、

最初って誰でもこんな状態^^    

 

誰が見ても綺麗で完璧な状態よりも、

「う~ん、、どうなのかな~?」って  

思う格好わるい状態からのスタートで
最初はいいんじゃないかなって思えます^^      

 

後から、だんだん良くなっていけるから^^    

 

まずは、実行に移す事が大事なんですよね^^    

 

ウォルト・ディズニーは、

23歳の時に  

「世界で一番幸せな場所をつくろう!」

と 書いてたらしいです。    

 

そして、   構想を経て

ウォルト・ディズニーが 54歳の時に、

最初のディズニーランドが完成。      

 

 

今日は、

日本 対 ギリシャのサッカーの試合^^☆    

他国と比べて完璧さを求める失点を
好まない素質を持つ日本人。

どんな時に限っても言えますが。

 

その日本人の素質が良い影響を
与える時もあれば、  

それが裏目に出ることもありますよね。

 

前回のコートジボワールの試合は、
そんな日本人の素質も出た
試合だったとも言えます。

 

プレッシャーに感じる事もあると思うけど

形にこだわらない、

自分たちのサッカーを
思いっきり表現してきてもらえたらと思います^^