彼は○○生

コーチ、コンサル、セラピストのための「やわらか集客」, セルフコーチング技術, 脳科学&心理学を使った「やわらかコーチング」


 

強くセールスできないコーチのためのやわらかセールス100万講座 こちらをクリックして期間限定無料7点動画を受け取る

 

こんばんは^^

コーチのための
「やわらかセールス」サポーター
松尾可奈です^^

 

今日は、私がコーチングに
出会って1年目の24歳の
恋愛話をしたいと

思います^^

 

聞かなくていい!という方は

もちろん、

この後は読まないでもらって

いいですからね^^

 

ちなみに今月で34歳になりました^^
本当は、今でも

「これ言ってもいいのかな〜?」

という疑問でしかないです^^

 

親しい友達にしか言った事が

なかった事を

今日はお話します。

 

 

24歳の私は、

コーチングに出会い

少しずつ考え方が変わりだし

ネガテイブ女子から

ポジテイブに色々と
プライベートも変化していました^^

 

当時、九州で看護師をしていた私は

患者さんである

見た目大学生のような
好青年の男の子に
好意をもたれていました。

 

その後、お互い惹かれあうように

なっていました。

 

 

患者さんとつき合うのは私の中で

論外のはずだったのですが

お恥ずかしい話、

恋愛というのは

いくら論理的に考えても

歯止めが効かないものです。

 

 

「患者さん相手に
恋愛するのは微妙!」

と頭で理解し意識しても

 

気持ちには
歯止めが聞かなかったです。

 

相手の年齢は
20〜22歳くらい

かな〜と

思っていました。

 

意識していくうちに

お互い気持ちが惹かれ

好きになりました。

 

先ほども言いましたが

見た目は大学生のように見えていたので

おそらくそれくらいと思っていました。

 

でも、その男の子の
入院カルテを見たら

なんと、、、

なんと、、、、
15歳でした。

 

 

有り得ない話ですが

見た目も性格も妙に大人びた
15歳だったんです。

 

 

後から分かったのですが

中学を卒業したばかりで

定時制の高校に生きながら
昼間は土木関係で
働いている方でした。

 

母子家庭で育ったためか
幼い頃から大人びた性格に
ならざるを得なかったそうです。

 

15歳の男の子を好きになった

私は、、、

かなりショックでした(汗)

 

「私の恋愛は
これで終わった、、、」
と心の中で思いました。

 

 

でも、入院生活で何度も

顔を見合わせる相手なので

分かってはいても

お互いどんどん惹かれていきました。

 

 

彼の年齢が頭から離れずに

微妙なざわつく気持ちが
何度もありました。
色々と考える事もありましたが

 

結局、、、
誰にも相談することなく
、、、、

、、、、

 

 

9歳年下の彼と

つき合う事に

なりました。

 

 

この事は

本当に仲良しの女友達にしか

言えないと思いました。

 

そこで

つき合っている事を

ある信頼おける女友達に言ったら

 

 

「可奈、相手の母親に
訴えられるよ!」

 

 

と厳しく言われました。

 

そう女友達に
忠告されたのと同時に

よくニュース番組でありがちな

 

『女子高生と
50代のおじさんが•••
▼×”⁂Å@××△〜@』

 

というニュースのテロップが

私の頭の中に何度か流れてきました。

 

考え過ぎかもしれませんが

 

真面目な性格の私は
私とその「おじさん」が
妙に重なりました。。。

 

その女友達は大学生の頃

法学部に所属していた

まっすぐで
真面目な友達でした。

 

私は、女友達の説教のように

聞こえる忠告を聞きながら

 

正直、心の中で

「あ〜。こんなことになるなら

友達に言わなきゃよかった」

と思いました。

 

 

そして、

「彼のお母さんから

訴えられるのか

確認してみないと分からない

じゃん」

 

と友達に言いきってました。

 

 

その後、しばらくして
彼の

お母さんに挨拶にいきました。

 

そしたら、
起業家のお母さんでした^^

彼のお母さんは

当時のお付き合いを

心から応援してくれました^^

 

 

そのお母さんとは

その後も家族ぐるみで
お食事したりするほどの

仲良しになりました^^

 

 

今日何をお伝えしたいな〜

と思ったのかというと

 

あなたが

これ!これやりたい!と
素直に思う気持ちを

思いのまま真っすぐに
大切にしてほしい
という事です^^

 

人は、

色々な目に見えない

不安が募ってくると

 

いつのまにか
自分の価値観ではなく
他人の価値観で

生きている時があります。

 

この当時私が、

女友達の忠告通り、
9歳年下の彼とつき合わない事を

選択し、その彼と別れていたら

私は本当に本当に後悔したと思います。

 

 

なぜなら
その女友達の価値観に従い、
その他人の価値観の中で

 

自分の生き方を

選択をすることになるからです。
人は他人ではなく自分の価値観で

生きると幸せを
リアリテイーをもって実感する事が

できます^^

 

あなたが
生きたいと思った道を
あなたが
後悔しないために
自信もって選択していきましょう^^♪